日本の生命保険会社

日本国内で生命保険を扱うためには、金融庁から生命保険業免許または外国生命保険業免許を取得する必要があります。外国生命保険業免許というのは、海外の保険会社が日本に支店を設けて保険業を行う場合に必要な免許です。外国の保険会社が日本に現地法人を設立し生命保険業を営む場合は、生命保険業免許のほうが必要です。外資系がすべて外国生命保険業免許に基づいて、業務を行っているわけではありません。日本国内には、この生命保険業免許を取得している会社が、約40社あります。よくニュースや新聞などで「大手生命保険会社10社が・・・」という言い方をしています。総資産額4兆円以上を大手、総資産4億円以上4兆円未満を中堅などの言い方をする場合もあります。

また実店舗をほとんどもたず、インターネットを中心に営業展開している生命保険会社もあります。最近は外資系の生命保険会社も増えています。一口に「生命保険会社」といってもその内容は様々です。合併や破産が噂される保険会社もありますので、生命保険を考えておられる方はこのあたりも要チェックかもしれません。






それなりによくよくの覚悟をもって学資保険を比べてみましょう。私立学校を選択するかで選ぶ保険も違うものなっていきます。よくで考えよく比較し決定しましょう。それが重要です。-

どのようにして生命保険を比較して選ぶのかは簡単なことではありません。生命保険商品の見直し、つまり失敗しないように保険の見直しをこなすか。大切です。後悔しないためにはみつばち保険ファームです。-