生命保険の平均

インターネットでは「生命保険」と検索するだけでなく、「生命保険 平均」と検索する人が多いようです。そこで日本での平均的な生命保険加入の状況を考えてみます。「生活保険文化センター」が調査した「生命保険に関する全国実態調査」のデータを使い、生命保険についてのデータをみてみましょう。まずは全世帯の生命保険の加入率は90.3%となっています。つまり9割の世帯が生命保険に加入しています。これには民間生命保険会社、かんぽ生命、生協、全労災、JAなども含まれています。日本は生命保険大国といわれています。それを裏付けるデータとなっています。 次に、死亡保険の保険金額の平均です。世帯主がなくなった場合、死亡保険金額の平均額は、1,768万円です。

年齢別の平均では、20歳代で全体の平均額1,700万円です。つまり社会人になって、とりあえず保険に加入した方が多いということになります。また40歳代の2,500万円が、全年齢の死亡保険金額の平均で最も高くなっています。働き盛りですので、万が一のリスクを考えている様子がうかがえます。






医療保険の契約をしようと思ったらどんな立場の保険のプロと相談をしようとしているのでしょうか。どんな考え方で話してくれるのかは注意しましょう。専門家などに医療保険についての意見をいってもらうのもいいのではないでしょうか。-

ネットで保険販売に経費がかからなくなったことで多様な保険比較が可能になりました。意外に安い保険も広がりつつあります。保険選びは大変なのです。きっちり覚悟して臨むことです。どの保険を選ぶかの選択肢が保険見直し本舗や保険クリニックなどの保険ショップも訪ねましょう。-