個人保険と団体保険

個人保険とは、加入者が個人となる保険商品の1つです。団体保険に対する意味で個人保険と呼ばれます。終身保険、養老保険、個人年金保険、定期保険などがこれに当てはまります。団体保険とは、一般企業や官公庁等の団体に勤務している人を、全体として保障する生命保険です。団体と生命保険会社で直接契約を行っています。1つの契約で、その団体員全員がまとめて保障されるようになっています。大量処理によって運営コストが節約できるますので、個人保険よりもお安くなっており、保障も手厚い場合が多くなっています。団体保険の1つに団体信用生命保険があります。これは融資を受け、返済途中に返済者が死亡や重度の障害状態になった場合、保険金でローンの残額が返済される生命保険です。

世帯主に万が一があった場合、残された家族がローンの返済のために、住んでいるマイホームを手放さなくても済むよう、住宅ローンには必ずと言っていいほど付いています。最近では、債務者がガンや心筋梗塞などになった場合も、この保険金が支払われる場合もあるようです。






スーパーの入口に近いところにでも保険のパンフレットを並べてある保険の店舗が当たり前のようにあるようになってきたようです。かなり大規模な展開をする保険代理店が保険ショップ展開を始めています。保険や年金保険を選ぶことは大変です。このような保険についてのショップ。保険ショップでの保険の相談ができます。-

FPファイナンシャルプランナーが無料相談に応じてくれる生命保険無料相談サービスがあります。生命保険や医療保険学資保険は誰と相談を進めていくのですか。どんな立場で相談に応じてもらえるのかは重要なことです。この生命保険無料相談サービスについても考えておきましょう。保険を考えるについては甘く考えないことが大切です。ファイナンシャルプランナーで生命保険。-