生命保険のトラブル

日本は世界的な生命保険大国です。全世帯のうち9割以上がなんらかの生命保険に加入しています。しかし、実際の保険契約は、加入者が自発的に加入する場合は、まれだと言われています。自発的に加入するケースは、保険会社にとっては保険金詐欺などの危険性を考え、警戒する場合もあるそうです。そんなわけで、勤務先でセールスレディから勧誘されるままに保険契約を結んだり、知り合いや親せきの紹介で加入したり、というケースが多いようです。そのため、保険証券の契約書内容を読まない、読んでも内容を理解できていない、といったケースも多くなっています。

加入者の側から考えますと、生命保険についての知識は難解で理解しにくいこと、そのため、セールスレディの言われるままに保険に加入し、契約した生命保険の内容について理解しておらず、保障期間や保険金額、保障の受取り条件や、年数の経過で保険料が上がることなどを知らずにトラブルになることもあるようです。 保険会社の側にはノルマが厳しいため、離職率が高いという問題があります。特にセールスレディはノルマを達成しなければすぐに解雇されるといわれています。つまり教育できる期間があまりない場合が多いのです。満足のいく提案ができる人材が少なく、契約ありきでプッシュするため、トラブルになることがあるようです。






うまく贈与で相続問題を解決させるためには税務の問題として気楽に考えないことです。贈与税と贈与の問題は甘く考えないことが肝要です。遺産相続や保険についての問題は財産を贈与するにあたって悩ましいことです。遺産分割することについてよく考えておけば想像したよりスムーズかもしれません。-

問題が残らないように済ますことについてよく考えて対策を練ればいいに解決となるでしょう。うまく相続税や相続問題をクリアするための相続対策は必要です。しっかりと相続の問題と向き合い甘く考えないことです。相続税申告でありずっと以前からとても難しい問題です。相続対策については贈与税などの相続対策の事を考えることも重要です。-