生命保険と税金

さて生命保険による保険金には、どのような税金がかかるのでしょうか。交通事故や病気などで被保険者(加入者)が死亡し、受取人が死亡保険金を受け取った場合には、保険料の負担者、保険金受取人、被保険者がだれであるかにより、課税の仕方が変わってきます。生命保険料の負担者と保険金受取人とが同一人の場合、所得税が課税されます。死亡保険金を一時金で受領した場合は、一時所得とみなされます。死亡保険金を年金で受領した場合は、公的年金等以外の雑所得になります。このように死亡保険金は、受け取る方法によって、一時所得か雑所得として課税されます。死亡した被保険者(加入者)と保険料の負担者が同一の場合、相続税の課税の対象になります。

受取人が、被保険者の相続人である場合は、相続により保険金を取得したとみなされます。保険料の負担者、被保険者、保険金の受取人がすべて異なる場合、保険料には贈与税が課税されます。余談ですが、所得税、相続税、贈与税のうち、最も高額となるのは贈与税です。






人に迷惑をかけずに生きていく上でちゃんと認識しておかないといけないことは様々です。その一つに保険やガン保険医療保険に入っておくことがあります。かなりいろいろ沢山とあります。厄介なことではあります。生命保険比較をすることを考えないといけません。保険に入ることをあまり四角四面に決めつけないことです。生命保険の営業のプロにいろいろな相談を投げかけてみるのも-

生命保険の無利用相談サービスを使ってみることを考えてみましょう。保険にどう期待するかについて考えてみましょう。しっかり検討しないといけないのは保険を選択し選ぶ際の基準です。保険の問題は簡単な問題ではありません。生命保険の相談に注意しましょう-