掛け捨ては損?得?

掛け捨ての定期保険は損でしょうか?得でしょうか?答えはどちらともいえないようです。ある人には損かもしれません。しかし別の人には得の場合もあります。掛け捨ての定期保険は、保険料を支払い、保険金を受け取って初めて、掛け金が戻って来ることになります。保険金を受け取れなければ、掛け金は捨てたようなものだと考えて、このように呼ばれています。掛け捨ての定期保険は解約しても払った保険金は戻ってきません。基本的に満期金もありません。保険期間中、万が一の場合のみ保険金を受け取れるというものです。掛け捨ての保険のデメリットは、貯蓄性がゼロだということです。契約期間が終了すれば、それまで支払った保険料はすべて役に立たなかったということになるからです。

何もなければ、保険料を貯蓄したほうがマシだったという考え方もあります。しかし、掛け捨ての定期保険には、メリットがあります。純粋に保障のみを必要とした場合、定期保険は圧倒的にコストパフォーマンスが高いのです。保険料は貯蓄性のある保険や、終身保険などに比べ大幅にお安くなっています。低コストで大きな保障を得られるわけです。






保険は保険の設計をしてもらっても説明をしてもらっても分かりずらいものです。そこでそもそも生命保険は何のためのものなのでしょうか。それを考えましょう。インターネット生保でコンサルする人も増えています。さて自分が病気になって手術や入院したらどうか、また一家の世帯主が突然に事故で亡くなったらどうなるか。事故にあったときに自分の家族はいくら必要なのか。と考えたらいいのではないでしようか。ネクスティア生命はネット生保です。-

通勤途中の駅前商店街にも学資保険などのパンフレットを比較させてくれる保険相談のショップを見受けるようになってきました。保険見直し本舗。保険シッョプでライフプランや人生設計のことをよく知りましょう。-