生命保険と医療保険

生命保険と医療保険は似ているようで全く別のものです。地方公共団体が行う国民健康保険や、企業が加入する健康保険組合などには、医療保障があります。風邪などでお医者さんにかかった時、全額負担する必要がないのはこの医療保険のおかげです。しかし、これらで保障しきれない費用を保障する目的で加入するのがいわゆる保険会社の医療保険となります。では健康保険で保障しきれない費用にはどんなものがあるのでしょうか。入院した場合の差額ベッド代があげられます。大部屋ですと差額ベッド代はかかりません。しかし4人部屋で1日あたり約3000円以上、1人部屋では1日あたり7000円以上の差額がかかります。

大部屋が空いていない場合もありますので、重い負担になります。先進医療費も健康保険ではまかなえません。先端技術を用いた先進医療は、保険対象外だからです。全額自己負担となり、負担が増しますます。また、入院先での食事代、シーツなどの雑費、病院までの交通費も健康保険では保障されません。これらをカバーするのが医療保険商品ということになります。






生命保険や医療保険選びということはよく分からないことです。無駄がない生命保険や医療保険を選択することは難しいことです。そこで商品見積りが生命保険ではできるようになっています。保険見積りが便利にできるようになりました。さて生命保険でなく損害保険商品の所得補償保険も検討してみましょう。いいかもしれません。-

生命保険を換えるという問題は苦労する問題です。しかしながら生命保険の選び方については安易にやってしまっても大差ありません。保険業界も変革しました。そして保険ショップが目立っています。ほけんの窓口が多く出店しました。相談してみましょう。-