生命保険と特約

生命保険には「特約」を付けることができます。もっとも一般的なものが医療特約です。生命保険の主となる契約に、追加して契約し、病気やケガなどで入院した場合、日数に合わせて1日あたりの保険金を受け取ることができます。ちなみに1日あたり5000円前後の契約が一般的と言われています。従来、保険金を受給できるのは5日以上の入院が必要となった場合のみで、最初の4日間は対象外となるのが一般的でした。しかし最近は、入院1日目から保険金が受給できる医療特約も登場しました。また医療特約はいわゆる「掛け捨て」保険で、貯蓄性は全くありません。保障期間は生命保険契約が終了までとなり、この時に医療特約も消滅します。

保険会社のすすめで、生命保険契約に医療特約を付ける人が多いといわれています。生命保険の見直しを考えている方は、生命保険と医療保険の2つの保険に入るという選択肢もあります。こちらのほうが手厚い補償を受けられることが多いようです。






医療保険や生命保険法人税の節税のための保険を始めから勉強しましょう。意外なことが結構あるのではないでしょうか。医療保険や生命保険そして所得補償保険や自動車保険そして子供のために積み立てる保険と沢山あります。最初には保険マンモスでの相談を検討しましょう。-

しっかりとした見直しを検討した保険のことを決めましょう。それにより差が付きます。きっちり覚悟して保険の見直しを見てみましょう。どんな条件なのかによって保険の条件は変わります。保険見直しはいいのです。-