生命保険とクーリング・オフ

保険のセールスマンに、強引に生命保険を申し込みさせられてしまった場合、契約を解除することはできるのでしょうか。訪問販売の契約は取り消すことができ、こちらの制度は「クーリング・オフ」と呼ばれています。クーリング・オフとは、「契約を解除する権利」のことです。お客様サイドに、ゆっくり考え直す期間を与え、考え直したら、一定の期間内に契約を解除できる制度です。クーリング・オフができる期間は8日間です。何から8日間かというと「第1回の保険料領収書の日付」もしくは「契約日」のどちらか遅いほうです。この場合、保険料は全額、返金されます。8日を経過するとクーリング・オフはできませんクーリング・オフの意思表示は書面で行う必要があります。

氏名(契約者名・被保険者名)、住所、証券番号、契約を解除する意味の文面を記載して、押印し、生命保険会社の本社に、ハガキや封筒で郵送しましょう。ただし契約に必要な健康診断を受けた場合や、営業所で申し込みをした場合は、クーリング・オフできませんので注意しましょう。






生命保険の保険通販もうまく使いましょう。満足できるような生命保険商品を選ぶのはのは簡単ではありませんが、ちゃんと考えて自分の保険商品を選択することから始まるのです。通販保険もそれで大丈夫です。意外にいい保険の組み合わせになります。保険料の引き下げには所得保障保険がよく使われるようです。保険通販を考えましょう。-

遺言書についてはこのような考え方に立ち肝要です。うまく相続対策を解決するためには相続について甘く考えないことです。相続対策は工夫が必要です。遺産相続についての問題は財産を相続するにあたって必ず生じる問題です。相続対策について早めに遺言により対策をしておけば結構確実にうまくいきます。-