生命保険と告知義務

生命保険に加入するということは、その保険商品を扱う保険会社との間で、生命保険契約を結ぶことです。保険約款とは、契約書にあたるものですが、どの生命保険も「告知」する義務がある、と書かれています。なにを告知するのかというと、健康状態です。つまり、「余命1年と診断されたから、生命保険に入っておけば、安い保険料で莫大な保険金を家族に残せるな」という考え方はできないわけです。保険契約締結にあたっては、告知することを要します。「現在、悪いところはないか」「3ヶ月以内に医師の診察を受けたか」「2年以内の人間ドックで異常はないか」「5年以内に7日以上の入院治療はないか」などにつき、加入者は保険会社にお知らせする義務があります。

もしウソをついて生命保険に加入しても、保険会社は契約を解除できます。もちろん保険金は払われません。ただし、たとえば2ヶ月前に病院で診断を受けたなら、あと1ヶ月待って保険契約を結べば、告知については何の問題もありません。






ガン保険は結構身近な生命保険商品です。生保会社または損保会社による商品でガンの原因で入院等したときに給付金が支払われます。入院に伴う多額の出費があります。これら入院への費用をまかなうことができます。ガン保険について考えましょう。-

相続問題をちゃんと解決するためについてよく考えておけば何とかなるものかもしれません。スムーズに終わるには相続税の申告などの手続きについて気楽に考えないことです。相続税についての問題は遺産を相続するについて大変な問題と言われています。相続対策関係の処理はこのように考えることが大切なことです。-