病気でも入れる生命保険

一般的に、生命保険に加入する時には、身体の状態についての告知書の提出や、医師の診断書が必要です。持病や健康上の問題がある人は、生命保険に加入できない場合が少なくありません。しかし無保険でいることは、誰にとっても不安なものです。最近では、健康上の問題があるケースでも加入しやすい生命保険商品が登場しています。加入するための「告知」の必要のない生命保険を「無選択型の生命保険」といいます。一般の生命保険に加入できない方でも加入できます。ただし加入可能な年齢に条件がある場合が少なくありません。40〜80歳までのものが大多数です。また、保険会社のリスクが高いために、保険料は割高になっています。

ただし保険金の支払いがなかった場合のボーナスがついているプランもあります。死亡保険については、高額な保険金額は設定できません。数百万円限度のものが大多数です。また、契約から2年以内の保障が少ないこと、高度障害保険金がないこともデメリットです。また医療保険特約を付けても既往症は保障対象外となります。






生命保険をどんな人に相談しますか。このファイナンシャルプランナーの考えについてよく考えておけば想像したよりスムーズかもしれません。生命保険のファイナンシャルプランナー・FPとして生命保険について相談に乗ってくれる人もいます。コンサルティングの結果次第でいい生命保険になるかどうかが決まってしまいます。ファイナンシャルプランナーFPと保険も検討しましょう。コンサルは役に立ちます。-

苦労しない保険選びができるのか、保険の商品について安易に取り組まないことです。生命保険の見直しと再検討はどのような家族でもそんなに簡単な問題ではないのです。この保険選びの解決策について頭に入れてあらかじめ考えておけばけっこううまくいきます。みつばち保険ファームやほけんの窓口などの保険ショップの保険無料相談もあるので、専門家と相談することが重要です。-